ヘッダーの画像

vape(ベイプ)のリキッドは種類が豊富!もう選び方で迷わない

vape(ベイプ)もう選び方で迷わない

リキッドとはvapeのアトマイザーに注入して、蒸発させて吸って楽しむためのものです。

リキッドには様々な種類があり、味から煙の量まで違うものがたくさんあります。

その中から自分好みの味を探したりするのもvapeの特徴です。

ですが種類が多すぎて、どれを選べばよいのかわからないですよね。

そこで、リキッドの選び方から気になる値段やリキッドの交換方法をご紹介したいと思います。

リキッドとは

vape(ベイプ)リキッド

リキッドとはvapeに使われる液体のことを言います。

vapeで使うリキッドは

  • (PG)プロピレングリコール
  • (VG)植物性グリセリン
  • 香料

の成分で構成されています。

リキッドにはたくさんブランドがありますがどれも成分は変わりません。

基本この3つで作られています。

PGとVGの特徴を見ていきましょう。

PGとはプロピレングリコールの略です。

アルコールの一種でもあり、無味無臭で保湿剤や化粧品、医療品などにも使われているためほとんど無害と言われています。

PGは様々な用途に使われていて、水に溶けやすく防腐殺菌作用もあるのが特徴です。

VGとは植物性グリセリンの略です。

原材料は天然の植物であるヤシの油やパーム油から製造されています。

これもPGと同じアルコールの一種で食品の添加物として広く使用されているのもです。。

医療品や化粧品美容液以外にも、甘味料、保存料としても使われている成分でPGと同様人体への害はないとされています。

甘味料として使われているのでVGは甘い味がするのが特徴です。

香料はリキッドの味を左右する重要な成分になります。

食料などに味をつけるときに使われる成分なので安全性は高いようです。

種類豊富なリキッドの選び方

vape(ベイプ)選び方

リキッドを選ぶ際のポイントは

  • PGとVGの比率で決める
  • 自分が気になるリキッドを選ぶ
  • 好きな味がするリキッドを選ぶ

以上を踏まえて選びましょう。

主成分であるPGとVGの比率によってリキッドの特徴が変わります。

  • PGの比率が多いと味が濃くなるが煙の量が少なくなる。
  • VGの比率が多いと味が薄くなってしまうが煙の量が多くなる。

PGとVGの比率はPG70%:VG30%かPG50%:VG50の2種類が主流になります。

味をしっかり楽しみたい人はPG70%:VG30%がおすすめです。

煙の量も味もどちらも楽したいという人はPG50%:VG50を選びましょう。

その他にもPG30%:VG70%という比率のリキッドもあります。

VGの比率が多いため煙の量が多いです。

その代わり味が薄くなってしまうため、味を楽しみたい人にはおすすめできません。

これでもまだ迷っちゃう方はもう自分が気になるリキッドを買っちゃいましょう。

ちなみにリキッド4点セットみたいな感じでセット売りしているところもあります。

セットで買うと1本ずつ買うより安くなったりするのでどれを選べばよいか迷っている方はお得ですよ。

私が紹介しているリキッドは新リキッド発売記念スペシャルプライスで3,920円が今なら2,980円で購入できます!

vape(ベイプ)選び方

JPvaperの公式サイトより

意外と吸ってみると美味しいかもって思えるリキッドに出会えるかもしれません。

たくさんあるリキッドの味について少し紹介します。

リキッドの味は主に

デザート系チョコ、バニラ、クリームなど
フルーツ系オレンジ、レモン、メロンなど
清涼系メンソール、ミント、ハーブなど
飲料系コーヒー、コーラ、レッドブルなど
タバコ系タバコ、メンソールタバコなど

があります。

フルーツ系やデザート系は女性に人気があるようですね。

落ち込んで元気を出したいときやちょっとしたご褒美にどうでしょうか。

仕事の休憩中にリフレッシュしたい方は清涼系や飲料系がおすすめです。

清涼系はメンソール系が多いのでスッキリした気分を味わえます。

飲料系はジュース好きな方におすすめしたいリキッドです。

最後はタバコ系ですが禁煙したい方どうでしょうか。

本当に紙巻きタバコを吸ったような感覚になりますよ。

新しく買ったリキッドを交換しよう

vape(ベイプ)リキッド交換

新しく買ったリキッドと今使っているリキッドが混ざらないように交換しましょう。

リキッドの交換は簡単です。

まずはvapeのアトマイザーに残っているリキッドを洗い流します。

洗い流す時の注意点は水では洗い流さないでください。

アルコールやPGなど殺菌作用のあるもので洗浄することをおすすめします。

アトマイザーを洗浄した後、しっかり乾燥させてください。

乾燥させたら新しいリキッドを補充します。

もしリキッドの味が薄くなってきたり、苦味を感じてきたらコイルの交換時期です。

リキッド交換と一緒にコイルも交換してしまいましょう。

そうすることで手間が省けます。

リキッドについて疑問に回答

Q1:リキッドに賞味期限ってあるの?

A:リキッドには賞味期限はありません。ですが開封後長時間放置してしまうと変色してしまう可能性があります。味も少し変わることがあるのでなるべく早めに消費しましょう。長期保存する場合は高温な場所を避けて、湿気のないところに保存すると長持ちします。

Q2:リキッドの値段はどれくらい?

A:リキッドの値段は容量によって変わってきます。

リキッドのおおよその値段は以下のとおりです。

使用頻度には個人差があります。

容量価格消費日数
10ml1,000円程度1週間程度
15ml1,000円~2,000円程度2週間程度
30ml2,000円~3,000円以上3週間程度